Wintry blast

        DSC04033_convert_20120613101628.jpg


看護師の近藤です!

来院されている方は、ご覧になられているかもしれませんが、
当院の受付に、一つの絵が飾られております。
この絵は、私の友人の渡辺聖薫(ワタナベショウマ)が、
院長先生に贈ったものです。
誰が描いたのか、絵の女性は何故スケート靴なのか?
飼い主様から色んな質問がありましたので、本人に聞いてみたところ、
一つのお話を聞かせてくれました。




~Wintry blast~

冬の訪れを告げる風の妖精"Wintry blast"。
彼女はトレードマークのルビーのイヤリングのほかには、
彩色(いろ)を持つことを許されなかった。
妖精と神との規律は厳しく、
破るものは容赦なくその存在すら消されていったのだ。

けれどもある日、彼女は思った。

人間たちでさえ、こんなにも多くの彩色を操って
"オシャレ"を楽しんでいるのに、
とうしてわたしはいけないの・・・」


彼女は覚悟を決めた。
そして、四季折々の彩色操る妖精たちを訪ねては、
そのものが持つ一番の彩色を一つ一つ分けてもらった。
"彩色のオシャレ"をした彼女は、
お気に入りだった"ブリザードの丘"でスケーターのように空中を舞った。

けれども"掟"は、彼女を許さなかった・・・。

あなたは今、"風"を感じますか?
あなたは今、風に"彩色"を感じますか?






とある北欧神話からインスピレーションを受けて、この絵を描いたそうです。
少し悲しいお話みたいですね。。。
色鮮やかな和紙で、妖精の衣装を飾っていまして、
近くで見ても遠くで見ても、とても綺麗な絵だと思います。
本当は倉庫に眠っていたこの絵ですが、
色んな人に見てもらいたいという彼の願いと、
この絵をご覧になった院長先生が気に入って下さり、院内に飾ることとなりました。
人の目に触れる機会が増えて、この妖精も本望なのではないでしょうか^ω^


彼も大の動物好きで、今までたくさんの動物を飼ってきたみたいです。
今はリクガメのチーちゃんと暮らしていて、
今度、岡本先生にカメを診せに来るようなので、
院内で彼に会えるかもしれませんね(笑)




スポンサーサイト
プロフィール

hidamariahp

Author:hidamariahp
神奈川県相模原市のひだまり動物病院で働くスタッフのブログです。
病院の中のことや、
ワンちゃんネコちゃんたちの病気のこと、
院長先生やスタッフの趣味などなど、
色々なことを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR